yum に非公式レポジトリを追加

CentOS の公式レポジトリだけでもパッケージは豊富に用意されていますが、公式に無いソフトウェアを利用したい場合もあります。非公式のレポジトリを利用することで、公式に無いソフトウェアをパッケージとしてインストールできる場合がありますので、追加してみます。

非公式リポジトリを利用する際に注意したいのが、そのリポジトリが継続的にメンテナンスされているかという点です。とりあえず、WWW 上でも言及の多い以下の非公式リポジトリを追加することにしました。

まずは yum-priorities をインストールします。yum-priorities は、パッケージのインストールおよびアップデートの際に各リポジトリに優先順位を付けることができるようになる yum のプラグインです。公式パッケージが非公式パッケージで上書きされてしまうことを防止します。

# yum -y install yum-priorities

yum-priorities がインストールできたら、標準リポジトリ用の設定ファイル /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo の各セクションに 「priority=1」を追加します。以下は base セクションへの追加例。他の updates, addons, extras, centosplus, contrib の各セクションへも同様に追加します。

# cd /etc/yum.repos.d
# vi CentOS-Base.repo
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1

次に、RPMForge のレポジトリを追加して、先ほどと同じく各セクションに優先度を設定。優先度は 10 にしておきます。。RPM でインストールします。どの rpm ファイルを取得するかは、『RPMforge/Using – RPMRepo Wiki』 を参照。

# cd /etc/yum.repos.d
# wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
# rm rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
# vi rpmforge.repo
### Name: RPMforge RPM Repository for Red Hat Enterprise 5 - dag
### URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1
priority = 10

最後に DAG のレポジトリ。理研にミラーがあるので、それを利用します。以下の内容で /etc/yum.repos.d/dag.repo を作成。

# cd /etc/yum.repos.d
# vi dag.repo
[dag]
name = Dag RPM Repository for Fedora Core
baseurl = http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
enabled = 0
gpgcheck = 1
gpgkey = http://ftp.riken.jp/Linux/dag/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
priority = 10

いずれの非公式レポジトリも、enabled = 0 としていますので、利用する際には –enablerepo=repository-name オプションが必要です。

とりあえず、以下で動作テスト。

# yum list --enablerepo=rpmforge | less
# yum list --enablerepo=dag | less
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)