Google Chrome を別設定で複数起動させる方法

全く別の設定を持った複数の Google Chrome を起動する方法です。意外と簡単。プライベートと仕事で Google Chrome を使い分けたい場合などに重宝します。

ユーザーデータ(プロファイル)保存用のフォルダを作成

まずはユーザーデータを保存するためのフォルダ(ディレクトリ)を作成します。デフォルトでは以下のフォルダに保存されています。

C:\Users\<username>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

とりあえず同じ場所に別名で作成します。

C:\Users\<username>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\YetAnother

起動オプションにフォルダを指定

あとは Google Chrome の起動オプションに作成したユーザーデータ保存用のフォルダを指定してやるだけです。

--user-data-dir="C:\Users\<username>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\YetAnother"

上記を指定した起動用のショートカットを作成しておけば楽ちん。

作成したショートカットを

C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

あたりに放り込んでおけば更に楽ちんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)