AppleMobileDeviceSupport.exe の CPU 使用率を抑える

「iPod touch が iTunes に認識されない」という PC が持ち込まれました。Windows 上では認識されるのに、iTunes では認識されない、とのこと。おまけに CPU 使用率が常に 100% …なんだこりゃ。

早速調べてみると、iTunes をインストールする際に Windows のサービスとして一緒にインストールされる AppleMobileDeviceSupport.exe (AMDS)が CPU パワーを食いまくっている様子。ただ、このサービスが動作していないと、iTunes に iPod touch が認識されない…。

結構あちこちで取りざたされているトラブルなのに、修正されていないということは、iTunes (AMDS)の不具合ではなさそう。再インストールなどなど試してみたけど効果なし。諦めかけていたところに、以下のページを発見。

上記ページに「WWW コンテンツフィルタリング(ペアレンタルコントロール)ソフトをアンインストールしたら直った」という旨の記述がありました…この PC にも入ってるよ…。ということで、以下のコマンドを実行して一旦 Winsock をリセットしてみます。

C:\> netsh winsock reset

再起動したところ、見事に正常動作!あ、でもフィルタリングどうしようかな…。他のフィルタリングソフトを試してみよう…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)