qpe-embeddedkonsole-ja 日本語入力欄付きワイド版

標準でついている 「ターミナル」 は、使えなくもないですが、良くも悪くも標準品。ということで、より広い画面が使えて標準の日本語 IM での入力も可能な qpe-embeddedkonsole-ja 日本語入力欄付きワイド版をインストールすることにしました。ターミナル上で CUI アプリケーションを使うのであれば、必須とも言えるソフトウェアだと思います。以下のパッケージをインストールします。

インストール後、以下の内容で ~/.inputrc を作成します。コマンドライン上で日本語を入力するために必要です。

set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

上記の設定で、GNU readline を使っている bash (標準のシェル)では日本語が入力できるようになります。

konsole.png

各種機能を使うためのキー操作は、以下の通りです。

キーなど 機能
[Fn] + Q メニュー表示(フォントやカラーなどの設定)
[Fn] + 5 新しい端末画面を開く
[Fn] + 1 端末画面の切り替え
[Fn] + 2 フルスクリーン表示
[Fn] + A クリップボードから貼り付け
スタイラスで文字列選択 クリップボードへコピー

(余談)
SIP 経由(QPOBox など)で日本語入力を行なうのであれば、日本語入力欄無しの qpe-embeddedkonsole-ja ワイド版 を選択すれば、より広い画面が使えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)