スペシャルカーネル v14i

ザウルスには、スペシャル・カーネルというものが存在します。シャープが公開しているカーネルのソースを元に、有志の方々が様々な改良を加えたものです。CPU クロックを上げたり、バッテリー残量が細かく表示されるようになったりと、数多くの利点があります。反面、スペシャル・カーネルへの入れ替えは、ある程度の危険が伴いますし、もちろん自己責任です。何が起こっても文句は言わない、当たり前のことです。

手順は大きく分けて

  1. NAND (内蔵 Flash ROM) のバックアップ
  2. スペシャル・カーネルへの入れ替え
  3. 必要に応じてモジュールをインストール

となります。機種ごとに操作手順や使用するファイルが異なります。以下は SL-C860 での手順です。

1. NAND のバックアップ

以下の手順で NAND をバックアップします。

  1. Service Menu を表示
    1. 電源をオフにしてバッテリと AC アダプタを外す
    2. [D] キー および [M] キーを押しながら、AC アダプタをつなぐ
  2. FAT でフォーマットした 256MB 以上の SD カードを入れる
  3. Service Menu の 3ページ目の "1. NAND Flash Back Up" を実行
  4. "Backup . . . OK" というメッセージが表示されたら終了

2. スペシャル・カーネルへの入れ替え

  1. FAT でフォーマットした 64MB 以上の SD カードに以下のファイルをコピーする
    • consolescroll
    • updater.sh.c860
    • zImage (zImage-v14i-C860.bin を zImage にリネームする)
    • 重要 : 上記 3つのファイルしか SD カードに無いことを確認する
  2. SL-C860 本体のデータなどをバックアップする(任意)
  3. 電源をオフ
  4. 1. で用意した SD を挿入する
  5. AC アダプタをつなぐ
  6. メンテナンス・メニューを表示
    1. バッテリ蓋のロックをはずす。
    2. [Fn] キー および [Home] キーを押しながら、バッテリ蓋のロックを入れる。
    3. 充電ランプ(オレンジ色)が点灯していることを確認してから、[Fn] キー および [Home] キーを離す。
    4. [OK] キーを押しながら電源をオン
  7. メンテナンス・メニューの "4.アップデート" を選択
  8. "3.SD" を選択し、"はい(Y)" を選択してアップデートを実行
  9. "Please reset" というメッセージが表示されたら、アップデート完了
  10. 続いて、以下の操作を行なう
    1. 前述 6. の 1. から 3. まで
    2. 電源をオン
      重要 : シャープのサイトの説明 ([OK] を押しながら電源をオン)とは異なる操作です。完全消去はしません。

以上で、スペシャル・カーネルで起動するようになります。起動時、ペンギンが表示されたりして、Linux っぽい起動画面になります。

3. 必要に応じてモジュールをインストール

特に不都合は無さそうですが、以下のモジュールもインストールしておきました。


とりあえず、CPU クロックと ATI W100 FASTSYSCLK を上げてみました。

$ su
# echo 162 > /proc/cccr_change
# echo 100 > /proc/driver/w100/fastsysclk

その効果ですが、動作のもたつきが解消されたように感じます。動画の再生もスムーズになりました。個人的には 「入れ替えてよかった!」 という感じです。

必読リンク

(2007/01/15 追記)

『ザウルス宝箱Pro』の移転に伴い、consolescroll、update.sh.c860、シャープのカーネルアップデート手順の URL を変更しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)