TTSSH による接続

coLinux に付属しているターミナル・エミュレータ(というかコンソール)は、常用するには辛いぐらいに非常にシンプルです。使い勝手を良くするために、coLinux へ sshd をインストールし、ターミナルエミュレータを利用するようにします。

SSH2 の PuTTY が定番ですが、ローカルシステム上の接続ということもあり、使い慣れた TeraTerm PRO + TTSSH を使うことにしました。

coLinux にログインして、以下のコマンドを実行します。sudo のインストールでは SSH1 も使うように選択します。

% sudo apt-get install ssh
% /usr/bin/ssh-keygen -t rsa1 -C foo@example.com

~/.ssh/ に identity と identity.pub が作成されます。

上記 2つのファイルを WinSCP を使って Windows に転送し、 D:/home/foo/.ssh/ にコピー。

coLinux で公開鍵をコピー。以下のコマンドを実行。

% cd ~/.ssh/
% cat identity.pub >>authorized_keys

以上で TTSSH で coLinux にログインできるようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)