BlackBerry Screen Shooter で画面キャプチャ

bss-01

BlackBerry の画面キャプチャソフトウェアの定番と言えば Capture It ですが、MIDP2.0 なソフトウェアなどには使えません(と思う)。そこで、PC と接続して画面キャプチャを取るソフトウェア BlackBerry Screen Shooter (以下、BSS と略)をインストールしてみました。

BSS の動作には、JavaLoader.exe が必要です。無い場合、以下のように BSS の起動時に場所を聞かれます。

JavaLoader.exe は、BlackBerry JDK に含まれています。BlackBerry JDK をインストールするには、JDK がインストールされている必要があります。ということで手順としては、

  1. JDK をインストール : Java SE ダウンロード – Sun Developer Network (SDN)
  2. BlackBerry JDK をインストール : BlackBerry – Java Development Environment
  3. BSS を実行 : Blackberry freeware Software : Blackberry Screenshooter
  4. (゜Д゜) ウマー

という感じ。 BlackBerry JDK がインストールされていれば、JavaLoader.exe の場所を聞かれずに BSS がすんなり起動します(起動するはず)。

使い方は簡単で、キャプチャ画像の保存先を指定して、【take screenshot】 ボタンを押すだけ。【auto-number】 にチェックを入れておくと勝手に連番を付加してくれます。

以下は MIDP2.0 ソフトウェア(JsTTView)をキャプチャした例です。

これで MIDP2.0 ソフトウェアのキャプチャもばっちり。おまけに PC に取り込まれるのでブログにアップしたりするのも楽(だと思う)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)