trac のインストールと設定

trac とは、Edgewall Software が提供するプロジェクト管理ツールです。Wiki、subversion リポジトリブラウザ、チケットシステムによる Bug Tracking System を備えています。オープンソースで開発が行われており独自ライセンスにより配布されています。

インストール

apt-get を使ってインストールします。

% sudo apt-get instal trac

Python 関連も一緒にインストールされます。

プロジェクト管理用ユーザーの追加

プロジェクト管理用のユーザー project を追加して、/home/project/ 以下にリポジトリと trac 管理用のデータを保存するように設定します。

% sudo adduser project
% sudo vigr
project:x:1001:foo,www-data

foo は普段使っているユーザー、 www-data は apache のユーザーです。trac の読み出し/書き込みが出来るように project グループに所属させます。

ユーザー project でログインし、ディレクトリ作成などを行ないます。trac 用のフォルダもここで作成しておきます。

% su project
% cd
% umask 0002
% mkdir svn
% mkdir trac

作成されたディレクトリのパーミッションが 664 であることを確認します。その後、 .bashrc に umask を 0002 で設定しておきます。

Subversion の設定

ユーザー project でログインしてから以下のコマンドを実行します。

% svnadmin create /home/project/svn/projectname

projectname は任意です。普段使うユーザーでログインしなおしてから、チェックアウトが出来ることを確認しておきます。

% svn checkout file:///home/project/svn/projectname

エラーが表示されるようなら、パーミッションなどをチェックします。

プロジェクトの作成

trac-admin を使って trac の環境設定を行ないます。ユーザー project でログインしてから以下のコマンドを実行します。

% trac-admin /home/project/trac/projectname initenv

“Project Name” は適当に、”Path to repository” には先ほど svnadmin で作成した /home/project/svn/projectname を指定します。 /home/project/trac/projectname/db/trac.db だけ何故かパーミッションが 644 なので 664 に変更しておきます。

Apache の設定

レポジトリ・ブラウザなどの閲覧のために、Apahce の設定を変更します。まず、mod_env を有効にします。

% sudo vi /etc/apache/modules.conf
LoadModule env_module /usr/lib/apache/1.3/mod_env.so

/etc/apache/httpd.conf に以下を追加します。

Alias /trac "/usr/share/trac/htdocs/"
ScriptAlias /projectname /usr/share/trac/cgi-bin/trac.cgi
<Location "/tractest">
    SetEnv TRAC_ENV "/home/project/trac/projectname"
</Location>

設定をリロードして、http://colinux/projectname/ にアクセスします。

参考リンク