aBookReader

ザウルスで動作する画像ビューアーです。名前の示す通り、紙の書籍をスキャナなどで電子化した画像を 「連続で見る=読む」 という用途に適しており、多くの画像形式に対応しています。ZIP 書庫にも対応しているので、書籍 1冊分を ZIP 書庫にしておけば、ファイルの管理も楽になります。

僕は aBookReader を使って主にマンガを読みます。ザウルスの液晶は明るい色の階調が飛んでしまうようなので、それを補正するための ZColorAdjust という色調補正のためのソフトウェアも使うことにしました。

以下のパッケージをインストールします。

以下のファイルを /home/zaurus/Settings/ にコピーします。

aBookReaderの設定項目は、多岐に渡っているため一見複雑です。しかし、設定セットを複数保存できるため、「マンガを読むときの設定」 「小説を読むときの設定」 など、微調整した上で保存しておくことができるので便利です。

僕の場合の設定セットとその設定項目は、以下の通りです(デフォルト値以外に設定した項目のみ)。単一ページをスキャンした画像を閲覧する場合の設定です。

設定名 設定項目 設定値
マンガ(ビュー) 画像 【表示モード】 : 【高さあわせ】
【クリッピング】 : 【上】 2%、 【下】 98%
【比率調整を利用】 にチェック
表示 【輝度調整】 にチェック
【輝度調整】 の 【MIN】 30%、 【MAX】 100%
詳細 【ZColorAdjust を利用】 にチェック
マンガ(インプット) 画像 【表示モード】 : 【幅あわせ】
【クリッピング】 : 【上】 2%、 【下】 98%
【比率調整を利用】 にチェック
表示 【移動幅】 : 【任意分割】、 【横】 1、 【縦】 3
【輝度調整】 にチェック
【輝度調整】 の 【MIN】 30%、 【MAX】 100%
詳細 【ZColorAdjust を利用】 にチェック
書籍(新書) 画像 【表示モード】 : 【高さあわせ】
【クリッピング】 : 【上】 5%、 【下】 97% (※要・微調整)
【比率調整を利用】 にチェック
表示 【輝度調整】 にチェック
【輝度調整】 の 【MIN】 40%、 【MAX】 100%
書籍(文庫) 画像 【表示モード】 : 【高さあわせ】
【クリッピング】 : 【上】 7%、 【下】 96%、
          【左】 1%、 【右】 99% (※要・微調整)
【比率調整を利用】 にチェック
表示 【輝度調整】 にチェック
【輝度調整】 の 【MIN】 40%、 【MAX】 100%

上記の設定セットは、「環境設定」 です。 これとは別に、aBookReader 全体の設定を行なう 「システム設定」 があります。 「環境設定」 画面の 【システム】 → 【システム設定】 ボタンで設定画面が表示されます。基本的に設定を変更する必要は無いのですが、展開用のメモリを増やしたり、先読み制限を緩和したり、履歴モードを解除したりと、ちょっとだけ変更しています。

僕は aBookReader をビュースタイルで使うことが多いので、操作はもっぱらジョグと [OK] [Cancel] ボタンです。僕が、全画面表示時によく使う操作をまとめておきます。

キー/操作 機能
ジョグ 下 次の画像へ
ジョグ 上 前の画像へ
画面左上 タップ ポップアップメニュー表示
画面右上 タップ 環境設定画面表示
画面左下 タップ 次の画像へ
画面右下 タップ 前の画像へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)