VirtualBox 4.0 を 3.2 に上書きインストールしてみた

開発でメインで使っている ThinkPad X201s の VirtualBox を 3.2 から 4.0 に上書きインストールしてみました。

ホスト OS は Windows 7 Professional SP1 で、ゲスト OS は CentOS 5.5 です。ネットワークは、NAT と Host-Only の 2枚構成。NAT でゲスト OS から外部にアクセス(yum とか)し、Host-Only でホスト OS からゲスト OS にアクセス(ssh や http とか)という感じ。

4.0 は他の PC に新規インストールして動作確認などはしていましたので「まぁ、大丈夫か」ということで気軽にやってみたのですが、以下の問題が出ました。

ホスト OS からゲスト OS にアクセスできない

Host-Only アダプタの設定が勝手に変わってしまったようで、ホスト OS からゲスト OS にアクセスできなくなりました。焦った。 /etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth1 を書き換えて対処。

ゲスト OS から外部にアクセスできない

yum を実行したら…あれ?って感じで。外部にアクセスできない。とりあえず Guest Addition を再インストールしたり(X Window System が無いとエラーになるのは相変わらず)、再起動したりしてたら直りました。/etc/resolv.conf が自動生成されていたりするので、結局原因はよくわからず。再発したら今度こそじっくり調べてみる予定。 単に、ゲスト起動後にネットワーク環境を切り替えたりしていたからでした。このへん、なんとかならんもんかなぁ…。

NAT にポートフォワーディング機能が追加されたりしてますが、VMware の NAT と比べるとまだまだ使いづらい感じです。VMware の場合は、ホスト OS 側に仮想 NIC が作成されていたので、その NIC を通じてゲストにアクセスできていたのですが…。外部からゲストの Apache にアクセスさせるのも簡単だったし。もうちょっと設定いじってみよ…。