Windows 10 に Emacs 64bit 版 をインストールする

Windows 10 に GNU Emacs の Windows 向けビルド 64bit 版(便宜的に NTEmacs と呼称)をインストールする方法をまとめてみます。2016年 7月現在の最新版 24.5 をインストールします。

前提

以下の前提です。

  • Windows 10 64bit に NTEmacs 64bit 版 をインストール
  • Cygwin をインストール済みでルートディレクトリは D:\
  • ユーザーのホームディレクトリは D:\home\username
  • Windows の環境変数 HOME を D:\home\username に設定済み
  • NTEmacs は Cygwin から起動する

ダウンロードとインストール

まずは下記リンク先からアーカイブをダウンロードします。

GitHub – chuntaro/NTEmacs64: Windows 版 Emacs (通称 NTEmacs) の 64bit 版

IME パッチ適用済みのほうが便利なので以下のいずれかをダウンロードします。

  1. emacs-24.5-IME-patched.zip
  2. emacs-24.5-IME-patched-generic-cpu.zip

通常は 1. で問題ありません。が、AMD の一部の CPU では起動しないそうなので、その場合は 2. で。

ダウンロードしたらアーカイブを解凍します。『emacs-24.5-IME-patched』というフォルダができるので『emacs』にリネームして、D:\usr\local に放り込みます。

2016-07-19 21_21_10-

起動用のラッパーを作成

Cygwin から起動するためのラッパーを作成します。

以下の内容で /usr/local/bin/emacs を作成して chmod 700 で実行属性を付与します。

#!/bin/sh
emacs_dir=/usr/local/emacs/
# 追加でパラメータを与えたい場合はここに書く
# この例はウィンドウ位置とサイズの固定
param="--geometry 81x40+895+34"
for i in $*; do
    f=`echo "$i" | sed -e 's/^-.*//g'`
    if [ "$f" != "" ]; then
        param="$param `cygpath -i -w $i`"
    else
        param="$param $i"
    fi
done
$emacs_dir/bin/emacs.exe $param &

Cygwin 上から引数(ファイル名・ディレクトリ名)を与えた場合に cygpath で Windows 形式に変換してから NTEmacs に渡すためのラッパーです。

起動テストとして Cygwin を起動して

$ emacs ~/.emacs

とかなんとかしてみて正常に D:\home\username\.emacs が開かれるか確認ます。(この段階では .emacs は無いので空の新規ファイルとして開かれる、はず)

とりあえずインストール直後の起動スプラッシュ画面。

emacs-01

このままでは Windows の IME も使えませんので、~/.emacs を使ってカスタマイズしていきます。

.emacs であれこれカスタマイズ

(以下続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする