Opera 7.25

ザウルスで動作する WWW ブラウザです。ザウルスには標準で NetFront というブラウザが搭載されていますが、JavaScript や CSS の解釈が弱いようです。ということで、ザウルス・ユーザーには何かと評判の良い Opera をインストールしてみます。

ザウルスで動作する Opera には、いくつかバージョンがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

バージョン特徴
7.55最新版。標準の日本語 IM で入力不可。IBM のサイトでユーザー登録すれば入手可能。
7.30普通に入手可能。標準の日本語 IM で入力不可
7.25いわくつき標準の日本語 IM で入力可能

標準の日本語 IM で入力可能』 に惹かれて、7.25 をインストールすることにしました。以下のパッケージを順にインストールします。

  1. 本体 : qshdlg_0.6.2-1_arm.ipk (@"LinuZau ToolBox")
  2. 本体 : opera_7.25-lite-2_arm.ipk
  3. 本体 : opera-chartable_7.25-2_arm.ipk
  4. 本体 : opera7-jpn-helper_0.0.2a_qshdlg.ipk (@"tro @ boxer-j")

インストール後、「Network」 というアイコンなしのタブが出来るので、「ホーム画面設定」 で適当に変更します。

opera.png

標準の NetFront と比較して動作が軽快に感じます。ショートカット・キーも豊富で、ほとんどキーボードだけで操作できます。主なキー割り当ては、以下の通りです。

キー機能
Z or [BS]戻る
X or [Shift] + [BS]進む
Rリロード
Aリンク選択(進む)
Qリンク選択(戻る)
[Enter] or [Space]リンクを開く
[Shift] + [Space]リンクを新しいウィンドウで開く
GURL入力・検索
S画面表示(拡大縮小トグル)
[Shift] + [Enter]フルスクリーン
3フレーム選択
[Tab]フォーカス移動
Bブックマーク
P設定
Wウィンドウリスト
H履歴(戻る)
N履歴(進む)
Fページ内検索
Mメインメニュー
Lレイアウト切り替え
カーソルキースクロール
Fn + 上下カーソルキーページ単位スクロール
Fn + ←ページ先頭
Fn + →ページ末尾

キーボード好きとしては、かなり快適になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする