QNAP NAS の SMB バージョンの確認と変更方法

QNAP NAS の SMB バージョンを ssh ログインして確認する&変更する方法です。個人的にたまに使います。

仕事で NAS 導入の引き合いがあった場合には、ここ数年はいつも QNAP を選択しています。個人的に利用していて安定しているのが理由です。

お客さんから「初回の接続が遅い」というフィードバックがあったので、とりあえず SMB のバージョンを上げてみました。

QNAP NAS で SMB のバージョンを確認

QNAP NAS の OS である QTS のヘルプを参照すると、管理画面から SMB のバージョンを確認したり変更したりできそうな記述がありますが…QTS の機種によっては管理画面にはありません!

ということで、NAS に SSH 経由でアクセスしてコマンドで確認します。

まずは QNAP NAS の管理画面にログインして、SSH を有効化します。

有効化したら適当な ssh クライアントで QNAP NAS にログインします。

ssh admin@hostname

ログインできたら以下のコマンドを実行。

[~] # smb2status

smbd (samba daemon) Version 4.4.16
smbd (samba daemon) is running.
max protocol SMB 2.1 enabled.
[~] #

赤文字で示した部分が現在利用可能な SMB のバージョンの上限です。上記の場合は SMB バージョン 2.1 までの接続に対応できる状態です。

SMB の各バージョンについては以下のサイトを参照。わかりやすくまとまっています。

参考 SMB まとめ | WorkFront

QNAP NAS で SMB のバージョンを変更

今回は SMB バージョン 3.0 に変更します。以下のコマンドを実行します。

[~] # smb3enable
Shutting down SMB services: smbd smbd-notifyd cleanupd nmbd.
Shutting down winbindd services: winbindd.
max protocol SMB 3 ... enabled.
locks path was set to /share/MD0_DATA/.locks
Shutting down winbindd services: winbindd.
Starting winbindd services:Starting SMB services:.

smbd (samba daemon) Version 4.4.16
smbd (samba daemon) is running.
max protocol SMB 3 enabled.
[~] #

本当に変更できたかどうか念のため smb2status で確認。

[~] # smb2status

smbd (samba daemon) Version 4.4.16
smbd (samba daemon) is running.
max protocol SMB 3 enabled.
[~] #

設定変更できてます。とりあえずこれで様子見。

おまけ

smb2status や smb3enable 以外にも『smbホニャララ』のコマンドがあります。例えば SMB 2.1 に戻したい場合は smb21enable というコマンドを使います。

利用可能な『smbホニャララ』コマンドの一覧は、smb まで入力してから TAB キーを押下すると一覧が表示されます。

[~] # smb
 smb21enable smb2disable smb2enable smb2status smb3enable smbtools
[~] # smb
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする